DMM英会話とhanasoを比較!違いを解説してどっちがおすすめかを伝授!

オンライン英会話のDMM英会話とhanasoのどっちかを利用したいんだけど、違いがよくわからないから比較を知りたい!という人は多いのではないでしょうか?

認知度的にはDMM英会話の方が上ですが、実は人によってはhanaso英会話の方がおすすめの場合もあります。

今回はDMM英会話とhanaso英会話のそれぞれの特徴をなるばくわかりやすく比較して、どんな人におすすめなのかを解説していきたいと思います。

DMM英会話とhanasoを比較した結論をまず最初に!

えいこ
えいこ

まずは最初にDMM英会話とhanasoを比較した簡単な結論からお伝えします!

ネイティブや日本人講師に毎日1回以上レッスンを受けたい場合はDMM英会話!

各オンライン英会話では、雇用している講師の国籍様々です。

ネイティブによるレッスンを受けたい場合は、hanasoよりもDMM英会話がおすすめです。

hanasoではフィリピン人講師のみが在籍していますが、DMM英会話では113ヶ国以上の国籍の講師が在籍していて、ネイティブや日本人講師のレッスンを受けることができます。

またDMM英会話では毎日1レッスン以上受けられるプランが用意されているので、毎日ネイティブや日本人講師など様々な国籍の講師にレッスンを受けたい場合はDMM英会話がおすすめです。

ネイティブや日本人のレッスンが受けられれるのはDMM英会話

自分のペースに合ったプランを選びたいならhanaso

DMM英会話では1日1レッスン以上の毎日プランが用意されていますが、hanasoでは毎日プランだけでなく回数制のプランが用意されています。

回数制プランでは毎日のレッスンではなく、その月に決められた回数のレッスンを受ければいいので自分のペースでレッスンを受けていくことができます。

申し込んだプランの回数よりも多くレッスンを受けたい場合は、レッスンチケットを使ってレッスンを追加で受けることができます。逆にその月に余ったレッスンも翌月に繰越ができます。

このようにレッスンの回数の自由度が高いのはhanasoなので、自分に合ったペースでレッスンを受けたい場合はhanasoがおすすめです。

自分のペースでレッスンを受けたいならhanaso

DMM英会話とhanasoには無料体験レッスンがあるのでまずは気になる方を受けてみるべし!

このようにDMM英会話とhanasoでは在籍している講師の国籍と、レッスンのプランに大きな違いがあります。

多国籍の講師からレッスンを受けたい場合はDMM英会話、自分のペースで受けられる複数のプランから選びたい場合はhanasoがおすすめ。

えいこ
えいこ

とはいえ、まずは実際に体験レッスンを無料内容を受けてみるとそれぞれのレッスンの雰囲気を味わえますよ!

DMM英会話とhanasoを比較して特徴を表で一目でわかるようにしてみました!

では本格的にDMM英会話とhanasoを比較していきます。まずは全体的な比較を表で確認しましょう!

DMM英会話 hanaso
最安プラン料金(税込) 6,480円
ネイティブプラン
1日1レッスンコース
4,400円
回数プラン月8回
人気のプラン料金(税込) 6,480円
プラスネイティブプラン
1日1レッスンコース
6,578円
毎日25分プラン
レッスン可能時間 24時間 6時から25時
予約締切時間 15分前まで 5分前まで
予約キャンセル時間 30分前まで 30分前まで
受講ツール Eikaiwa Live Skype
講師の国籍 フィリピン、アメリカ、イギリス、セルビア、日本等 113か国以上 フィリピン人
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★
無料体験レッスン あり あり
えいこ
えいこ

大きな違いは講師の国籍を選べるかどうかと、受講ツールです!

DMM英会話とhanasoのプランと月額料金や費用を比較

DMM英会話 hanaso
プラン料金/月
(税込)

【スタンダードプラン毎日1レッスン】

6,480

【スタンダードプラン毎日2レッスン】

10,780

【スタンダードプラン毎日3レッスン】

15,180

【プラスネイティブプラン毎日1レッスン】

15,800

【プラスネイティブプラン毎日2レッスン】

31,200

【プラスネイティブプラン毎日3レッスン】

45,100

【回数プラン】

8回プラン:4,400

12回プラン:6,270

16回プラン:7,920

【毎日プラン】

毎日25分プラン:6,578

毎日50分プラン:12,078

【週2日プラン】

225分プラン:4,180

250分プラン:6,380 

1レッスンあたりの単価※
(税込)

【スタンダードプラン毎日1レッスン】

216

【スタンダードプラン毎日2レッスン】

180

【スタンダードプラン毎日3レッスン】

169

【プラスネイティブプラン毎日1レッスン】

527

【プラスネイティブプラン毎日2レッスン】

520

【プラスネイティブプラン毎日3レッスン】

501

【回数プラン】

8回プラン:550

12回プラン:523

16回プラン:495

【毎日プラン】

毎日25分プラン:219

毎日50分プラン:201

【週2日プラン】

225分プラン:523

250分プラン:399

入会金/教材費 0円 0円
レッスンチケット 1枚:500円
11枚:5,000円
5枚:3,300円
10枚:6,050円
15枚:8,250円
支払い方法 クレジットカード
DMMポイント
クレジットカード
銀行決済(PayPal)
銀行振込
家族シェアの有無 基本なし
ただし12歳以下は1ヶ月以内だけ保護者と共有あり
なし

※毎日プランでは1ヶ月30日として毎日受講可能レッスンを全て受講したケースで換算、小数点は四捨五入しています。

多国籍の講師に受けたいならDMM英会話

DMM英会話には、スタンダートプランプラスネイティブプランがあります。

スタンダードプランではフィリピン人講師によるレッスン、プラスネイティブプランではネイティブの講師や日本人講師によるレッスンを受けられます。

プラスネイティブプランでのレッスン単価は人件費の関係で割高になりますが、様々な国籍の講師にレッスンを受けたい場合にはおすすめです。

ネイティブにレッスンを受けることで、訛りのない英語に触れることができます。

回数制プランを選びたい場合はhanaso

DMM英会話では毎日1レッスン以上のプランのみの提供ですが、hanasoでは毎日プランの他に回数制プラン週2回プランがあります。

毎日レッスンを受けられない人が毎日プランを選んでしまうと、受けられない日が多くなるとレッスン単価が高くなってしまいます。

レッスンを無駄にしたくない人などはhanasoの回数制プランの利用がおすすめです。

DMM英会話とhanasoのプランはここが違う!

DMMではスタンダードプランとプラスネイティブプランがあり、フィリピン人講師によるレッスンを受けるにはスタンダードプランを、プラスネイティブプランではネイティブの講師や日本人講師からレッスンを受けることができます。

一方でhanasoではフィリピン人講師によるレッスンのみになりますが、回数制プランで受講することができます。

ここが違います!
・講師の国籍を選べるプランがあるのはDMM英会話
・回数制プランがあるのはhanaso

DMM英会話とhanasoのレッスンを比較

えいこ
えいこ

続いてはレッスンの違いを比較します!

DMM英会話 hanaso
レッスン可能時間 24時間 6:00〜25:00
予約締切時間 15分前まで 5分前まで
予約キャンセル時間 30分前まで 30分前まで
レッスン形態 マンツーマン マンツーマン
カリキュラム カリキュラムはなく、自分で教材から授業の内容を決めていくのが基本 英会話フレーズ、旅行英会話、おもてなし英会話、ビジネス英会話、発音トレーニング、TOEIC ボキャブラリなどあり
受講ツール Eikaiwa Live Skype
受講対応デバイス パソコン、スマホ、タブレット パソコン、スマホ、タブレット

用意されたカリキュラムでレッスンを受けたいならhanaso

まずhanasoのレッスンの特徴ですが、hanasoでは英会話フレーズ、旅行英会話、おもてなし英会話、ビジネス英会話、発音トレーニング、TOEIC ボキャブラリといった英語を使いたいシーンごとにカリキュラムが組まれていて目的に応じてレッスンを受けることができます。

目的に応じてレッスンを受講できるので、数ヶ月後に海外旅行を予定している場合や、TOEICを受ける予定などがある場合に、その分野の英語を集中的に学ぶことができます。

自分で授業の内容を決めたい場合はDMM英会話

一方でDMM英会話にはカリキュラムはなく、自分で教材から授業の内容を決めていくのが基本となっています。

ですので、何から学んでいいのかがわからない場合は相性はよくありませんが、自ら目標を持って自分のペースでどんどん英会話を上達したい人にはDMM英会話はうってつけです。

DMM英会話とhanasoのレッスンの違いはここ!

はる
はる

初心者はhanaso、どんどん進めたい人はDMM英会話かな!

ここが違います!
・豊富なカリキュラムに沿って上達していくのがhanaso
・カリキュラムはなく自分のペースでどんどん進めるのがDMM英会話

DMM英会話とhanasoの講師を比較

DMM英会話 hanaso
講師数 6,500人 450名
講師国籍 フィリピン、アメリカ、イギリス、セルビア、日本等 113か国以上 フィリピン
講師採用率※1 5% 非公開
(約450名の厳しい採用基準を合格した優秀な講師陣と記載)
TESOL※2 保有講師あり
講師検索で確認可
非公開
講師への研修の有無 抜き打ち試験を含めた複数回のデモティーチングあり レッスンで使える日本語研修等あり
日本語対応講師 あり
講師検索で確認可能
あり
講師検索で確認可能
講師の特徴 英会話学校などで講師経験ありが中心 有名大学卒業生中心

※1採用率が低いということは、それだけ優秀な人材に絞って講師を採用していることを意味しているので、講師の質は高くなる傾向にあると言えます。

※2TESOLとは、Teaching English to Speakers of Other Languageの略で、第二言語で英語を学ぶ人に英語を教える国際資格です。

ネイティブのレッスンを受けたい場合はDMM英会話

講師の人数や国籍がDMM英会話とhanasoの大きな違いです。

DMM英会話では、多国籍の講師が在籍しているので、ネイティブの講師からレッスンを受けられます。

もちろん国籍によって英語の種類も多少異なりますが、自分の好きな国籍や行きたい国の講師のレッスンを受けることも可能です。豊富な国籍の講師を抱えているのはDMM英会話の大きな特徴です。

hanasoは講師への満足度は93%!

一方でhanasoは、フィリピン人講師のみが在籍していますが、講師への満足度は93%です。

というのもフィリピンのお国柄、人当たりがよく温和な正確な方が多いので、日本人とも相性が良いといわれています。

まだこれから英会話をはじめて、あまり外国人と話すことに不安を覚える場合はhanasoの温かい講師にレッスンを受けるのもひとつの選択肢です。

ここが違います!
・ネイティブならDMM英会話!
・まだまだ初心者ならhanasoがおすすめ!

DMM英会話とhanasoのサポート体制を比較

DMM英会話 hanaso
学習に対してのサポート
(カウンセリング)
なし 日本人カウンセラーによるカウンセリングは現在休止中
受講に関してなどのサポート DMM英会話ヘルプセンター
あり
Skypeチャットのみでの対応

学習サポートのカウセリングが両方なし

DMM英会話にもhanasoにも、学習に対してのサポートいわゆるカウンセリングがありません。

オンライン英会話によっては、日本人のカウンセラーによるサポートもあるところもありますが、有料プランで提供しているというところがほとんどです。

受講に関してのサポートはそれぞれテキストでのみ

また学習サポートではなく、受講方法がわからないや予約方法がわからないといった、いわゆる受講に関してのサポートは、DMM英会話ではヘルプセンターがあり、hanasoではSkypeチャットでの対応をしてくれています。

ここが違います!
・学習サポートはそれぞれなし
・受講サポートもそれぞれテキストでのみ

DMM英会話とhanasoの比較してをまとめておすすめを提案

えいこ
えいこ

では最後にDMM英会話に向いてる人、hanasoに向いている人のご提案です。

DMM英会話がおすすめな人

DMM英会話の特徴はなんといっても、多国籍の講師にレッスンが受けられるプラスネイティブプランがあることです。

ネイティブの英語ははじめは聞き取りにくいので。これからはじめて英会話を学ぶ方にとっては少し難易度が高いかもしれませんが、英語にある程度慣れていてもっとレベルを上達させたい人にとってはおすすめのオンライン英会話です。

DMM英会話自体人気のオンライン英会話ですし、講師の質はもちろんサービス内容も充実しています。

前のめりに英会話を頑張りたい!という人にはおすすめの英会話となっています。

hanasoがおすすめな人

一方で、hanasoはフィリピン人講師一択になっているので、講師がネイティブでなくても良い人になります。

hanasoはDMM英会話と違い、カリキュラムがしっかりと決められているので、目的を持ってレッスンを受けることができます。

初心者の方で。これから英会話を学びたいけどどうやって進めていけばいいかわからないという方にはおすすめのオンライン英会話となっています。

とはいえ無料体験レッスンを受講して決めないと絶対に失敗する!

今回はオンライン英会話のDMM英会話とhanasoの比較をしてきました。

それぞれ大きく違いはありますが、実際に一番大切なのはそのオンライン英会話サービスがあなたに合うかどうかです。

私がこちらがおすすめですと言ったところで、あなたに合わなければ意味があります。

合うかどうかは、講師との相性や自分にあったプランやカリキュラムがあるかどうか、またはサイトの使いやすさなどです。

DMM英会話とhanasoとではそもそもサービスコンセプトも違いますし、利用している層も全然異なります。

実際に大切なのは、「実際に受講してみて自分に合うかどうかを確認してみる」ことです。

今回比較したDMM英会話でもhanasoでも体験レッスンを無料で受講することができます。

えいこ
えいこ

無料体験レッスンを受けずに入会するなんて、試着もせずに服を買うようなものなので、ぜひそれぞれの無料体験レッスンを受けてみてくださいね!

▼百聞は一見に如かず!!▼

DMM英会話はコチラから

hanasoの無料体験はコチラ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました