レアジョブはPayPal(ペイパル)での支払いができない?その理由は?代替方法をご紹介!

レアジョブのようなオンライン英会話の料金を支払う方法として、多くのサービスではクレジットカード払い・銀行振込、PayPal(ペイパル)払いを取り入れています。

レアジョブではPayPal(ペイパル)払いはできるのでしょうか?

えいこ
えいこ

答えはノーレアジョブではPayPal(ペイパル)払いができません。

正確には以前はできていたのですが、これから新たにレアジョブの有料会員になる人はレアジョブの支払い方法をPayPal(ペイパル)払いにすることはできません。

またこれまでレアジョブでPayPal(ペイパル)払いしてきた場合も、プランを変更した場合などはPayPal(ペイパル)払いからクレジットカード払いに強制的に変更になってしまいます。

レアジョブの支払いはクレジットカードのみでPayPal(ペイパル)払いは不可。その理由は?

冒頭でもお伝えした通り、レアジョブの支払いにはPayPal(ペイパル)の利用は不可となっています。

以前はできた支払い方法が現在では行えません。

 

はる
はる

どうしてできなくなったの?

 

レアジョブでPayPal(ペイパル)払いができなくなった理由は?

 

明確にはわかりませんが、PayPal(ペイパル)払いではクレジットカードの、デビットカード銀行口座からの支払いを行うことができます。

クレジットカードは一旦クレジット会社が立替払いを行うので、レアジョブ側からしてみると料金の未回収というリスクはありません。

しかしPayPal(ペイパル)を通じて、デビットカードや銀行口座での支払いになると指定している銀行口座の残高が不足している場合、レアジョブ側からすると料金の未回収のリスクが生まれます。

レアジョブのレッスン料金は毎月発生する月々の支払いになり、銀行口座から即時引き落とされるデビットカードや口座引き落としは不向きとされています。

あくまでも憶測ですが、PayPal(ペイパル)払いを通じての料金未回収を防ぐために、レアジョブではPayPal(ペイパル)払いの新規取り扱いを停止していると考えるのが一般的かと思います。

 

現在レアジョブではPayPal(ペイパル)払いからクレジットカード移行キャンペーン実施中

 

以前はレアジョブではPayPal(ペイパル)払いが可能でした。

ですので現在でもPayPal(ペイパル)払いを行なっているユーザーもいます。

そんなPayPal(ペイパル)払いを利用し続けているユーザーに向けてレアジョブでは、「PayPalからクレジットカード支払いへの移行キャンペーン」を行なっています。

キャンペーンといっても、

料金での価格でサービスを引き続き受講ができる
PayPalユーザーが利用できないレッスンレポートやブックマーク数順検索機能を使えるようになる

といった訴求で、PayPalからクレジットカード支払いへの移行を促しています。

「PayPalからクレジットカード支払いへの移行キャンペーン」の詳細

 

はる
はる

そんなにPayPalを使ってほしくないんだね!

 

えいこ
えいこ

そうみたいですね〜。だからこれからレアジョブで英会話レッスンを受けたい場合はクレジットカードを用意した上で申し込んでくださいね!

 

その前にまずはお試しで!!
レアジョブ英会話で無料体験レッスンを受けてみる

 

とはいえ、オンライン英会話でのPayPal(ペイパル)払いはメリットが多くデメリットが少ない

 

とはいえ、レアジョブのようなオンライン英会話のようなサービスではPayPal(ペイパル)で支払いができた方が便利だと考える人は多いと思います。

そもそもPayPal(ペイパル)とは?

そもそもPayPal(ペイパル)とは、アメリカのオークションサイトの「eBay」が運営しているサービスです。

オンライン英会話のようなオンライン決済を利用したいサービスと、クレジットカードやデビットカードや銀行引き落としで支払いたい利用者との間に入っている決済サービスです。

PayPal(ペイパル)を利用すれば、簡単な登録作業で支払いに利用するクレジットカードなどを使用することができる上に、通常クレジットカードを利用することが得られる”ポイント”や”サービス”も付与されるのでとても便利なサービスになっています。

 

オンライン英会話でPayPal(ペイパル)払いをするメリット

レアジョブのようなオンライン英会話のサービスで、PayPal(ペイパル)を利用するメリットは次のようなことがあります。

 

クレジットカード番号がサービス側に渡らない

オンライン英会話でPayPal(ペイパル)を利用できる場合の最大のメリットは、支払いに使うクレジットカード番号などがオンライン英会話のサービスの運営側に渡らないという点です。

クレジットカードで支払う場合は、クレジットカード番号やセキュリティコードや名義人の名前を入力する必要があります。

しかしPayPal(ペイパル)では、PayPal(ペイパル)のアカウントにあらかじめクレジットカードの情報を入力しておくために、そういった情報をサービス側に伝える必要はありません。

どういった会社がオンライン英会話を運営しているかわからない場合、このセキュリティ面での安心感はPayPal(ペイパル)払いならではメリットです。

 

えいこ
えいこ

でもレアジョブはオンライン英会話業界で唯一の上場企業だからその点では安心だと思いますよ!

 

メールアドレスとパスワードの入力だけで支払いができる

PayPal(ペイパル)をオンライン英会話で利用する際のメリットは、メールアドレスとパスワードの入力さえすれば決済ができるという手軽さです。

PayPal(ペイパル)自体に登録してさえおけば、その都度クレジットカード情報などを入力する必要がないので、いちいち手元にクレジットカードを用意しなくても済みます。

 

VISA・MasterCard・AmericanExpress・JCBと主要なカードが使える

またPayPal(ペイパル)ではVISA、MasterCard、AmericanExpress、JCBの4ブランドのクレジットカードに対応していて、そのロゴが入ったカードで利用することが可能です。

 

えいこ
えいこ

でもレアジョブでは、Visa、MasterCard、American Express、JCBに加えてDiner’s Clubも利用できますよ!

 

オンライン英会話でPayPal(ペイパル)払いをするデメリット

PayPal(ペイパル)のデメリットとしては、

・分割払い(分割決済)ができない
・為替手数料が高い

といったものがあります。

例えば、高額商品を購入した時にPayPal(ペイパル)をすれば分割払いはできません。

海外のネットショッピングなどを利用した場合に日本円以外の通過で販売されている商品を購入すると為替手数料(日本円の場合4%)がかかってしまいます。

ただしこららのデメリットは、レアジョブなどのオンライン英会話のレッスン費用を払う際には一切関係のないことです。

ですので、オンライン英会話でPayPal(ペイパル)払いするデメリットはほとんどと言っていいほどありません。

代替案:オンライン英会話のhanaoや産経オンライン英会話ではPayPal(ペイパル)払いが可能!

 

今回ご紹介したようにレアジョブではPayPal(ペイパル)が利用できません。

どうしてもPayPal(ペイパル)を利用してオンライン英会話でレッスンを受けたい場合は、PayPal(ペイパル)に対応しているオンライン英会話を選ぶのが代替案になります。

hanasoではPayPal(ペイパル)での支払いが可能


人気オンライン英会話のhanaso(ハナソ)では、PayPal(ペイパル)を利用して支払いを行うことができます。

hanasoはレアジョブと料金なども同水準のオンライン英会話スクールで、初心者から中級者を利用者が多く、プランも回数プラン・毎日プラン・週2日プランレアジョブよりも豊富です。

hanasoの料金プラン

回数プラン 毎日プラン 週2日プラン
月8回
4,000円/月
毎日25分
5,980円/月
週2日25分
3,800円/月
月12回
5,700円/月
毎日50分
10,980円/月
週2日50分
5,800円/月
月16回
7,200円/月

 

・PayPal(ペイパル)決済ができる
・レアジョブと同じく日本語の話せるフィリピン人講師が多数在籍
・料金プランも業界最安水準
・「講師の質」を利用者の約9割が満足
というのが特徴で、レアジョブがどうしても良いというわけでなく、レアジョブと同等もしくはそれ以上のオンライン英会話スクールで、PayPal(ペイパル)決済をしたいという基準の方にはもっともおすすめオンライン英会話スクールとなっています。

ただhanasoを初めて知った方もいらっしゃると思うので、その場合はまずhanaso公式サイトから無料体験レッスンを受けてみるのがいいかと思います。

 

hanso公式サイトはコチラ
(無料体験レッスンの受講ができます)



産経オンライン英会話でもPayPal(ペイパル)決済が可能

 

新聞社大手の産経グループが運営しているオンライン英会話です。

産経新聞の認知度は高いですが、産経オンライン英会話というサービスでもPayPal(ペイパル)決済が行えます。

こちらも毎日プランをはじめとした、週末毎日50プランや3ヶ月集中パックなど豊富な料金プランが用意されています。

 

産経オンライン英会話の料金プラン

毎日25分プラン 毎日50分プラン 週末毎日50プラン 大学入試外部検定
試験対応
月額料金 5,980円 9,800円 5,980円 9,990円
1日のレッスン
時間
25分(1コマ)
毎日1日1レッスン
計50分(2コマ)
毎日1日2レッスン
計50分(2コマ)
金・土・日のみ
1日2レッスン
最大100分(4コマ)
毎日1日1-4レッスン
・週末集中プランがある
・日本人カウンセラーのサポートオプションあり
・産経グループ運営で国内初2種類の教育ISOを取得
・レアジョブ同様フィリピン講師によるレッスン

といった特徴があります。

hnasoと同様にレアジョブとも同価格帯でレッスンが受講できて、PayPal(ペイパル)決済が行えるオンライン英会話となっています。

どの英会話スクールが合うかどうかは、一度レッスンを受けてみないことにはわからないので、こちらも無料体験レッスンをまず受けてみることをおすすめします。

産経オンライン英会話公式サイトはコチラ
(無料体験レッスンが受けられます)



結論:レアジョブはPayPal(ペイパル)不可!PayPal(ペイパル)決済がいい場合は他オンライン英会話!レアジョブがいい場合はクレジットカード払いで!

 

えいこ
えいこ

結論は出ましたね!

レアジョブではPayPal(ペイパル)決済は行えません。

ですので、

どうしてもPayPal(ペイパル)決済を利用した場合は、PayPal(ペイパル)対応しているオンライン英会話スクールへ

↓PayPal(ペイパル)対応オンライン英会話
hanso公式サイトはコチラ
産経オンライン英会話の公式サイトはコチラ

 

レアジョブを利用したい場合はPayPal(ペイパル)払いは諦めてクレジットカード払いでレアジョブを利用!!
レアジョブ英会話の公式サイトはコチラ

 

はる
はる

うん、これで解決!!
全部無料体験レッスンを受けてみて考えるのもありですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました